おばあちゃんの遺品整理

遺品整理について考察する

おばあちゃんの遺品整理で出てきたのは写真でした。

おばあちゃんの遺品整理

わたしのおばあちゃんは昨年の冬に亡くなりました。

わたしも生まれてから大学に入学するまでずっといっしょに住んでいたので本当にさみしい思い出いっぱいです。

逆に大学に入って、就職してとそれからは実家に住まず、おばあちゃんとはお盆と正月しか会えませんでした。

ですがここ5年くらいは転勤で実家の近くに引っ越したこともあって、家内も週に一回は実家に顔をだし、子供、おばあちゃんから見るとひ孫の2人もしょっちゅう顔を出していましたからこれが唯一のおばあちゃん孝行になったかと思います。

そんあおばあちゃんは、晩年実家でも離れで一人になって過ごすことが多かったのですがその離れでおばあちゃんの葬儀後、遺品整理をしていた時です。

わたし達が見たこともないような写真がいっぱいでてきました。

遺品整理をしているとわたしの生まれたばかりの時の写真、おじいちゃんと二人で撮影した白黒写真、私の両親との写真など今までなぜ、みせてくれなかったのだろうというくらいたくさん見つかりました。

今ではその写真はきれいにアルバムに入れて、今もそのままおばあちゃんの離れの一角においてあります。

まさしく、おばあちゃんの思い出の品だったことでしょう。

懐かしい限りです。