これからの遺品整理

遺品整理について考察する

遺品整理を家族が出来る時代か行政にも考えてもらいたい。

これからの遺品整理

遺品整理は、これからは需要が多くなってくると思います。

子供が少なく、海外で仕事をしていたり、病気などで遺品整理ができなかったり、子供や兄弟が居なくて遺品整理を出来る人が居ない場合も多くなるはずです。

そうなると、誰にも頼ることはできませんし、市や区から業者に依頼してもらうか、行政にそういう課を作ってもらう事も必要になって来るかと思います。

遺品の中に、お金が残っていれば、親族の許可で費用をまかなってもらえると思いますが、もし、生活保護等を受けていたり、預金が無い場合は税金から業者に費用を払う予算を組んでもらう必要が出てくると思います。

行政に、遺品整理の課があれば、税金から賄わなくて良いので、今の時代ならば、そちらの方が良いかも知れません。

色々な要因で、遺品整理を家族が出来なくなる時代を迎えると思います。

遺品整理を専門におこなう業者もあります。

親族で、その費用を誰が払うかの問題もおきて、揉める事もあるはずです。

そういう事を考えると、是非、行政に考えてもらい、積極的に取り組んで欲しい問題だと思いますので、是非、個人の問題とは思わずに、行政で行う問題としても考えて欲しいと考慮する次第です。

◆参考サイト:http://www.inkemetic.org/